シュークリーム

最近、シュークリームにはまっています。
シューがサクサクしたものや、しっとりしたもの、
クリームも、生クリーム、カスタード、ミックス・・
私は、しっとりとした薄いシューに、
たっぷりとカスタードが入っているタイプが一番好き!!

最近流行りの、シュークリーム屋さんのは、
サクサク系が多いのです。
美味しいとは思うのですが、
食べたあとの満足感が今一つなのです。

コンビニのシュークリームでよいのでは??
確かにそうなのですが、
もう少し、リッチ感があるのが食べたいのです。

さて、そんなシュークリーム好きの私を思ってのことか(笑)、
この度、ドトールでシュークリームが発売されるようです。

シューシャポーという品名で、
ドトールががこだわって作ったものらしいですよ。
アーモンドの香るシュー生地に、カスタード、
ザクっとした食感と口どけの良いクリームが味わえるらしいです。

口どけの良いクリームは好みですが、
ザクッとしたシュー生地かぁ。
生地は少々残念ですが、食べてみなければわかりません。

発売は、4月16日、テイクアウトは出来ず、
午後2時からの店内だけでの販売みたいですが、
16日って、平日です。
会社の帰りに寄りたいけれど、残っていますかね。

結局、いただけるのは土曜日になってしまいそうですが、
チャレンジだけはするつもりです。

できたらいいな英会話

昨年から注目が集まっているテニスの錦織選手。
今年も引き続き、日本中に、いや、世界中に
注目される選手となりそうですね。

個人的な事なのですが、私も、錦織選手に注目しています。
学生時代にテニスサークルに入っていたので
純粋に、彼のテニスの腕に魅せられたいと言うのもあり、
あと、何より興味があるのは、彼の英会話力です。
私より随分と年齢が下であるにも関わらず、
あの流暢な流暢な英会話力、あっぱれです。

錦織選手が小学生時代の映像等をテレビで見たことがありますが、
その当時は、まさか数年後にここまで英会話ができる
人間になっているなんて、ご本人でさえ
思っていなかっただろうなと。

あのように流暢な英会話ができるようになるまでに
どこで、どのように学んできたのか、
私は知らないのですが、彼に魅了された今、
私の今年の目標は、彼と英会話が成立する位まで
自分のスキルを向上させることです。

早速、英会話スクールに通い始めました。
スピードラーニングも申し込みました。

もともと凝り性の私なので、
来年の今、自分がどの程度まで英会話ができるように
なっているか、自分のことながら、今から
とても楽しみです。

さて、今日も、スピードラーニングを子守唄に
早めに床につきたいと思います。

太眉ブーム復活か

皆さん、眉毛のお手入れってどうされてますか?
抜く、切る、剃る・・
毎日、週1、月1・・
自分の本来の毛量と、なりたい眉毛の形によって、
様々ですよね。

私は? と言うと、
殆ど手入れをしていません。
元々、そんなに毛量は多くないので、
結婚式などのイベントがある時に、
少しだけ整える程度です。

眉毛の形って、時代時代で流行りがありますが、
私は、生まれてこのかた、眉毛の流行にだけは
手を出したことがありません。

気にしだすと大変な手間がかかることも知っているし、
旅行中でも眉毛の手入れをかかさない友人を見ると、
面倒くさそうだなと思ってしまうのです。

本来、ご自身の眉毛って、
そんなに細い人いませんよね。
目・鼻・口と、顔のバランスの中に眉毛も
あるので、細い人も太い人も居て良いのではないでしょうか。

大抵、太い人が気にして手入れをしているようですが、
虫の触覚みたいな眉はどうもいただけません。

本日見た記事に、太眉ブーム復活かというものがありました。
芸能人の眉毛も太くなっているようですので、
この際、大袈裟に太眉ブームが起きるといいですね。

女性もそうですが、男性の方にお願いです。
細い眉毛、カッコ悪いですからね。
男性にも、太眉ブームが起きることを願ってます。

タウンワークとの出会い

前回の更新では、私のこわだりの年賀状製作
についての記事を記載しました。
あれからというもの、連日、製作活動に没頭し
何とか完成。
しっかりと元旦に、皆さんのお手元に届いたはずです。

数名から、年賀状を受け取った後の
嬉しいご連絡をいただく事ができ、
新年良い幕開け、今年もマイペースで
歩いていきたいと思います。

そんなわけで、昨年末はずっとパソコンに向かう日々
でしたが、それも新年には終了。

すると、
やることがない日々に気がつき(笑)
お正月番組をゆっくり見るとか、
初詣に行くとか、お正月らしいお料理を食べるとか、
実家に帰るとか。

お正月ならではのやれることは沢山あったはずですが、
結局、またいつものように、
いや、習慣で?
何をするわけでもなくパソコンセット。

そして、たまたま表示されていた広告を
何の気なくクリック。
それが、私とタウンワークの出会い。

テレビCMで、もちろん、タウンワークの存在は
知っていたものの、特に仕事を探しているわけでは
ないので、一度も見たことがなかった。

試しに最寄駅で仕事検索をしてみると、
あそこのお店やここの会社、あのお店でも
求人があることに驚き。

働く先がないって声を聞いたりするけれど、
こんなにも沢山あるではないか。

困った時のタウンワーク。
頭の片隅に入れておこう。

こだわりの年賀状

毎年この時期になると、趣味というか勝手な任務、
使命感によって、睡眠不足に陥ります。

何かって?

私は、年賀状作成に物凄くこだわりがあるのです。

このこだわりは、ある人から届いた年賀状がきっかけで、
15年前位から始まりました。

その年賀状は天使が描かれていました。
物凄く細い筆先のペンを使って、
物凄く繊細な線で、物凄く躍動感のある天使が一人
描かれていました。
その上、淡い色合いで天使が装飾されていた。

その年賀状を見たときに、私も人と違った年賀状を
作って送りたいと思ったのです。

けれど、私の場合、自他共に認める絵心ゼロ。
そんな絵を描くなんて無理です。

なので、パソコンの機能や画像を駆使し
一人ひとりをイメージし、一人ひとり違った年賀状を作ります。

制作時間と発想力の限界により、
毎年20人と決めています。
その年に印象に残った方、お世話になった方を選定します。

そして必ず一言を毛筆で加えます。
絵心はないけれど、書道の腕はそこそこ自信あり。

本日現在、まだ8名しか完成していません。
そろそろ気合入れて制作しなければ。

年が明けて、送った方から感想をもらえるのですが、
皆さんの感想で、2015年良い年の幕開けができるよう
頑張って作りたいと思います。

男性にもホットペッパービューティー

最近テレビコマーシャルでもよく見かける
ホットペッパービューティー。
駅や店頭のラックなどにフリーペーパーが
設置されているのも目に入っていましたが、
今まで一度も興味をもったことはなく、
勿論、内容を見たこともありませんでした。

理由は単純で、女性が見るものだと思っていたからです。
お化粧関連や、エステ関連の情報が
掲示されているものだと思っていました。

しかし、実は、ホットペッパービューティーには
男性に役立つ情報も掲示されていたのですね。

先日、仕事の合間にふらっとお洒落な美容院で
カットをお願いしました。
自宅付近に、行きつけの床屋があるのですが、
行こう行こうと思っていて、何故か予定が
入ってしまいずっと行かれずに、苛々していて、
ちょっと時間が空いたので、ふっと思いついて
パッと入店しました。

美容院なんて初めてに近かったので、
どうしたらいいのやらと思っていると、
店員さんがipadでヘアカタログを見せてくれました。
それがなんと、ホットペッパービューティーによる
ものだったのです。

それはそれは、オシャレな髪型ばかり。
自分に似合うのかはさておき、この際だからと、
初めての髪型に挑戦しました。
思いの外、良い感じです。

ホットペッパービューティー、男性も必見です。

高熱の高校受験

夏も終わり、涼しい風が吹いてきましたね。
この時期、毎年思うことは、高校受験のことです。

遡ること10数年前になりますが、
38度の高熱で試験を迎えた、
あの高校受験当日のことだけは、
ずっと記憶に残っています。

夏の集中講習を乗り切った受験生達は、
この時期から受験日まで、
何が一番大切かというと体調管理です。

運動する時間も段々と減り、
上手くいかなかったらどうしようという
プレッシャーが強くなり、
今まで生きてきた中で、
一番のストレスを抱える学生が多いのではないでしょうか。

受験勉強が、人生で一番のストレスだなんて言うと、
笑われるか、甘ったれていると叱られるかもしれませんが、
15歳、その当時を振り返ると、
そんな風に感じていたような気がします。

毎日毎日、学校でも家でも塾でも、
「風邪をひかないように」と言われていました。
でも、私は、風邪をひきました。
細心の注意を払っていましたが、
風邪をひきました。

それでも何とか第一志望の高校に合格したので、
今となっては、高校受験当日の38度は、
笑話となっています。

もし、不合格だったら、
今、私はどうしていたのかな??
なんて考えたりもしますが、
それはそれですね。

受験生の皆さん、
体調管理はしっかりとしてくださいね。
でも、万が一、受験当日に高熱が出ても大丈夫。
自分が頑張って勉強してきたことを信じて、
焦らず試験に臨んでくださいね。

今年最後のスーパームーン

お月見ですね。
皆さんの家は、どのようなお月見ですか?

高層マンションから見るお月様にも憧れつつ、
我が家はまだ昔ながらの
お月見スタイルを続けています。

祖母と一緒にお団子を作り、
ススキを飾って、縁側からお月様を見ながら、
お団子をいただきます。

物心ついてから、ずっと。
大人になってから、こんな事を言うと、笑われますが、

未だに、お月様の中のウサギの餅つきが見えます。
本当ですよ。

お月見は、私の大好きな行事の1つです。
昨晩は生憎のお天気でしたので、
今晩は、祖母・母・父と私でウサギの餅つき見物をします。

今年は、3回もスーパームーン
見られるチャンスがあったそうですが、
今日が今年最後のスーパームーンです。

次のスーパームーンは、
2015年9月28日との事なので、
今晩は見逃せませんね。

さて、スーパームーンというからには、
普通のお月様よりスーパーなのですよね。
気になってちょっと調べてみましたら、
普通のお月様より、一回り大きいのです。

何で大きく見えるのか?
学術的に色々と書いてありましたが、
私にとっては、
大きくて、綺麗で、ウサギが餅つきしてて、
家族と一緒にお団子食べることができて、
それだけで十分です。

さあ、あと数時間で、
スーパームーンに出会えます。

カミツキガメ、発見したら知らぬふり

お笑い芸人が無許可でカミツキガメを飼育していたとか。
マンションから逃げ出してしまったところ、
通行人に発見されて、30万円の罰金。

「カミツキガメ」なんて、名前からして、
獰猛な感じがしますよね。
ペットとして飼っていたが、大きくなり過ぎて、
公園などに捨ててしまうという不届き者が居るそうで、
捨てられたカメが野生化しているという話も出ていました。

少し気になって、カミツキガメを調べてみると、
確かに、他のカメに比べると、
爪は非常に発達していて、
気性は荒く、動きも俊敏だそうです。

普段は水中にいますが、
陸に上がると、身動きが自由にとれないせいか、
警戒心が高まり、
目の前に近づいたものに咬みつく習性もあるとの事。

しかし、むやみやたらに人に咬みつくことはなく、
人間のほうから、カミツキガメにちょっかいを出すと、
咬みつくそうです。

人間からしてみれば、
「カメだぁ~」なんて軽い気持ちで近づいたつもりでも、
カメからしてみれば、攻撃を受けるかも??
という見方になるかもしれないので、
万が一、カミツキガメに遭遇しても、
知らんふりして、警察に届けることが、
正しい行動のようです。

咬みつく力はとても強く、大人の指一本くらいは、
簡単に咬みちぎれるそうですので、
ご注意くださいね。

守谷海水浴場

毎日日焼け防止との戦いをしています。
日焼け止めクリーム、日傘、
こんなに苦労しているのに、やはり日焼けします。

こんなに苦労しても日焼けするのであれば、
いっそのこと、日焼けしてしまえば良いと考え、
友人を誘い、何年かぶりの海水浴に行くことにしました。

本当は、海外のきれいな海に行きたいけれど、
私と友人の休みが合わず、
今年は、東京近郊の海水浴場で我慢。
ということになりました。

東京近郊のきれいな海を調べてみたら、
守谷海水浴場という所がヒットしました。

守谷海水浴場は、屈指の透明度を誇り、
環境省による、数々の快水浴場百選にも選ばれています。
白い砂浜で、波も穏やかそうなので、
ここに決めました。

人気のある海水浴場なので、
週末の混雑は予想されますが、
女友達と二人での海水浴ですから、
静かで、ムードいっぱいの海水浴場より、
良いのかもしれませんね。

砂浜から、お千代が島という無人島が見えて、
何と、そこまで渡ることもできるそうです。
ちょっとした冒険気分も味わうことが
できそうですね。

海水浴は本当に何年ぶりでしょうか。
子供の頃は、海が大好きで、
真っ黒に日焼けしていた私です。

この年になって・・なんてことは考えずに、
守谷海水浴場で、思いっきり夏を満喫してきます。

凍結酒がお気に入り

私は、あまりお酒が強くないため、
日本酒は何となく敬遠していたのですが、
お気に入りを見つけてしまいました。

先日、同僚の結婚が決まったお祝いに便乗して
上司にお寿司屋さんに連れていっていただきました。
そこで、出会ったお酒が、凍結酒です。

日本酒はあまり飲んだ事がないと話をしたら、
お店の大将に、「これなら飲める」と
お勧めいただいたのが、凍結酒です。

銘柄はもう忘れてしまったのですが、
とにかく美味しかったのです。
広口の綺麗な器で出していただきましたが、
本当にシャリシャリの氷状態、
日本酒というよりは、
ちょっと溶けたシャーベットです。

今、私のブームは「アナと雪の女王」という事もあり、
エルサの世界に入り込んだような気がして、
それだけでも大満足でした。

エルサはグラスを持つと凍っていきますが、
私がグラスを持つと溶けてていくのが
ちょっと残念と言ってしまったことから、
上司や、お店の大将に、
「早く飲まないと、エルサになれないよ」
なんて、煽られ、
同僚からは、ありのままの姿を見せて
なんて言われ、
初めてに近い日本酒ですが、
グビグビといってしまいました。

翌日ですか??
二日酔いもなく、意外とスッキリした目覚めでした。

もしかしたら、日本酒が一番身体に合うのかも・・

はたらいくで職探し

両親の銀婚式のお祝いをしたいという思いで、
短期間で高額を得られるバイトを探していた妹ですが、
先日、無事に両親のお祝いが出来たため、
今度は、地道に稼ぎたいという気持ちになったようです。

私の感覚ですと、女性だったら「とらばーゆ」という
イメージなのですが、
新し物好きの妹は、「はたらいく」というサイトで
探しているそうです。

妹の解説によると、「はたらいく」というサイトは、
企業の規模や認知度には捉われずに、
自分の仕事観や働きたい場所で、
自分に合った仕事に出会えるサイトだとか。

通勤時間は30分以内で、服装は自由、
残業は少なく、手に職の就く仕事がしたい
そうです。
手に職が就く仕事というのは理解できますが、
通勤時間30分以内、残業少ない、服装自由
って、そんな上手い話があるのでしょうか。

どの条件も譲れないから、
「はたらいく」で探していると言い張っております。
地道に稼ぐと言っていた割には、
まだまだ幼稚な考えを持っています。

子供の頃から、家族の言うことはほとんど聞かず、
自分の思うがままに歩んでおります。
ただ、いくら壁に当たっても、
そこでへこたれず、更なるパワーで
挑んでいく姿を見てきましたので、
今回も、どうなるか心配ではありますが、
見守っていくこととします。

お酒に関すること(ビール編)

今でこそお酒の魅力が分かり、美味しいと感じていますが
もともと私は、お酒が飲めませんでした。
今回はそんな昔話をご紹介します。

私の両親はお酒が大好きで、毎晩必ずビールを飲み、
その後焼酎やらワインやらを飲んでいます。
それは気がついた頃からの光景ですので、
何の違和感もなく、きっと私も20歳になったら飲むんだろうな
と思って育ちましたし、当たり前にビールは美味しいと
思って疑いませんでした。

ある日のこと。何かのお祝いの席で悪戯心にビールを舐めてみました。
すると想像とは正反対の不味さ。
また違うある日のこと。今度は焼酎を舐めてみました。
すると正しく注射の味。

これがトラウマになったのか、私はお酒なんて飲まないって
思うようになりました。

20歳の成人式。仲間と居酒屋へ行きました。
みんな飲むわ飲むわでびっくり。勿論私は飲みませんでした。

けれど数年後、ひょんな事から居酒屋でバイトをすることになり
そこではバイトの特権として、お酒飲み放題でした。
私は一つの目標を決めました。「とりあえずビールで」。
この一言が言える大人になるぞと。
それからの日々はビール飲みまくりです。
辛いこともありました(笑)それでもめげずに飲みまくった結果、
目標達成してます。

それどころか「とりあえずビールで」「同じもの下さい」
この繰り返しです。

あのまま飲めなくてもよかったなって思うこともありますが、
けど、飲めなかったら今の人脈はなかったはずなので、
ビール訓練をしてよかったです。

やはり、お酒は飲めたほうが人生楽しいです。

ワインを使ったカクテル会

先日、友人からお誘いを受けて、とある交流会へ行ってきました。

それは、ワイン好きが集まる会合のようなもので、
利きワインゲームだったり、ソムリエによるワインセミナーであったり、
希少価値の高いワインの試飲会だったり、ワインを中心に
親交を深めるのが目的の集まりでした。

私が参加した会のテーマは、ワインカクテルレシピ紹介というもので、
その名の通り、ワインベースのカクテルを作って試飲するのです。
ワインはワインでしか飲んだことがなく、ワインベースのカクテルがあることも
知らなかった私は、とっても楽しかったです。

今日は、中でもとても美味しかったレシピのご紹介を。

まずは、アルコール初心者向けのレシピ。
キティ:赤ワイン:90ml、ジンジャーエール:90ml
カリモーチョ:赤ワイン:90ml、コカコーラ:90ml
カルピス赤ワイン:赤ワイン:30ml、カルピス(水で薄めたもの):70ml

次に、アルコールを楽しみたい中級以上向けのレシピ。
キール:白ワイン:100ml、ルジェ クレーム ド カシス:20ml
スプリッツァー:白ワイン:90ml、ソーダ:90ml、スライス・ライム:適量
ワイン・クーラー:ロゼワイン:90ml、オレンジジュース:30ml、グレナデンシロップ:15ml、
         ホワイトキュラソー(トリプルセック):10ml

お試しあれ。

お酒と言えば?日本酒でしょ。

今回もまた妹関連の話で失礼します。

遂にホステスさんのアルバイトを開始したのです。
短期的であるとはいえ、姉としては生活習慣も含めて
気がかりなので、休みが合えばなるべく会うようにしています。

先日妹にあったのですが、私にとってはとても衝撃的な話が
出ましたので、今回はその話題にお付き合いください。

思わずタイトルにしてしまいまいましたが、お酒と言えば?
何を連想しますか?
王道のビール?流行りのワイン?しみじみ日本酒?
若者はハイボール?

妹のお店では、ウイスキーだそうです。
しかも驚いたのは、お酒はそれしかないというのです。
水割り、ソーダ割り、お湯割りはあるようですが。

ウイスキーしかないお店が存在することにまず驚きました。
普通はビール位は絶対あるでしょう?
次に驚いたのは、ウイスキーの値段です。
グラス1杯なんと1500円ですって!!!
その世界じゃ当たり前ですか?

ウイスキーしか置かないのはママさんのポリシーだそうです。
しかしなぜウイスキー?日本酒やビールなら何となくわかるけど。

その秘密はさすがに教えてはもらえませんでした。

お客様はほぼ常連のみ、ママも良い人そうでアットホームな感じ。
ひとまず安心しました。

しかし、妹はウイスキー飲めないはずなのにどうしてるんだろう?
最後に私は、お酒といえば日本酒です。

どうしてフロムエーナビを使うのか

既に1月も中旬ですが、とりあえず、明けましておめでとうございます。

今回も妹の話です。
先日の連休に妹が遊びにきたときのこと。
最近は落ち着いていると思っていたら、
なんと、フロムエーナビを使って職探しをしていることが発覚。

しかも、またホステスを探しているとのこと。
フロムエーナビにはそういった求人が多くあるらしいのですが、
なんでまたホステス??
何となく自分に向いていると思い込んでいるというのが一つと、
今年の秋までに、どうしてもまとまったお金を貯めたいという理由。
聞きたいことはいくらでもあったのですが、
いつもの軽い感じはなく、本気でフロムエーナビに見入っているので、
その様子に何も言えなくて。

2時間近くの間に5つの応募をしたとのことで、少し早い夕飯を食べに外へ出ました。
お酒の力も借りて私は、何故まとまったお金が必要なのかを
聞き出すつもりでいたのですが、やけに活き活きした妹の表情を前に何も言えず。

去り際に妹から一言。
「お姉ちゃんもある程度お金用意しておいてよね。」
「なんで?!」と返すと、
「やだ!!忘れてるの?!お父さんとお母さん、今年銀婚式でしょ。
私は旅行とか、思いっきり美味しい贅沢な食事とかプレゼントするつもりよ」だって。

妹よ。君は素晴らしい。

ホットペッパーってすごいね

最近気になっているテレビコマーシャルがあります。
マツコ・デラックスが登場するホットペッパー(ビューティー?)のCMです。

お恥ずかしながら最近まで知らなかったのですが、
ホットペッパーって飲食店のクーポン誌だけではなく、ヘアサロンやネイルサロンといった
美容業界のクーポンまで出ているのですね。

ホットペッパー経由で24時間予約が取れるとか、ポイント還元されるとか、
いや~、今の世の中、自分から興味を持って情報収集をしないと、あっと言う間に
世間から置いてけぼりになりますね。

しかしこのようにネット予約が主流になると、お店サイドには不利益となるようなことは
起こらないのだろうか?
例えは、ネット予約が入っているのに、当日来ないとか。
今は歩きながらでも、ポチッと簡単にネット予約が取れる時代、もしかしたらポチッと押したことを
忘れてしまう人だっているかも知れない。
お店はそのポチッとをとても大切なご予約として受け止め、来店準備をするのだろう。
時には、店員(人件費)を増やしたりすることがあるかもしれない。
それなのに、そのポチッと予約が失効したら辛いだろうなと。

私はお店を経営しているわけでもなく、ホットペッパーユーザーでもないけれど、
予約という名の約束は、やはりネットではなく電話が良いのではないかと強く思う。

玉菜の使い道

先日旅行であるペンションへ宿泊したのですが、そちらのオーナーが
とてもフレンドリーで人情味のある方でした。お宿全体がアットホームな雰囲気でした。
夕飯も一緒に食べる的な(笑)

そんなわけで色々なお話をさせてもらい、帰る頃にはすっかり仲良くなっていました。

あれから三ヶ月、昨日オーナーから一つの荷物が届きました。
手紙が添えてあり、早速読んでみると。
「玉菜を3つ送ります。煮るも良し焼くも良し、どうぞお好きなように。」
と、ただそれだけが書いてありました。

玉菜????

煮る、焼くということは食べ物だろうと推測できたが、玉菜とはなんだ?!

開けてみると、とっても大きく色艶の良いキャベツが入っていました。
そう。玉菜と書いてキャベツと読むようです。オーナー、漢字マニアなのかな。

それにしても、とても素晴らしいキャベツです。こんなに大きくてしっかりした
キャベツは見たことがないくらい。
さあ、どんな風にして頂こうかな。ロールキャベツ、ホイコーロー、サラダ、浅漬け、スープ。
ポン酢のコマーシャルで千切りキャベツと豚肉のしゃぶしゃぶって言ってたっけ?
料理レパートリーが少なく、腕もない私ですが、無駄のないよう美味しく頂きたいと思います。

オーナー、玉菜ありがとうございました。

銀座クラブ

以前、大学を卒業する妹が就職先がないので、
銀座クラブで働きたいと言っているなんて話をしましたが、
今日は、その後のお話です。

結局のところ、無事に金融機関への就職も決まり、
今はブヅブツと文句を言いながらも働いています。

昨晩、妹がふと思い出したように、
「あの時、本当に銀座クラブでホステスさんになってたら、
今、どうしているのかなぁ」なんて、言い出しました。

会社で何かあったのかなと思いながらも、
「まあ、そこそこ売れっ子ホステスさんになってたかもね」なんて
軽く返事をしたところ、なぜだか烈火のごとく怒り出しました。

何もわかってない、
適当なこと言わないで、
他人事だと思って、

まあまあ、よくもそんなに相手を責めたてる言葉が出てくるなと
感心するほどです。

しばらく聞いているうちに、落ち着いてきたので、
「何かあったの??」と聞いてみると、
どうやら、お客様に
「こんな堅い仕事してないで、早く結婚したら?
もしくは、ホステスさんという仕事もあるよ。
銀座クラブに〇〇さんが居れば、毎晩通うよ」
なんて言われたそうです。

未だに、女性にそんなことを言う人が居るのですね。
聞いてるうちに、私の頭にも血が上り、
今度は私が烈火のごとく怒りだしてしましました。

最後は、妹が、
「そんなお客様ばかりじゃないから、大丈夫よ」なんて、
私をなだめていたという、姉としてはお恥ずかしい結末です。

翌日、元気に出勤する妹の姿を見て、
切ないようでありながら、誇らしくも感じました。

マイクロ・ブリュー・コーヒーの味

流行に敏感で時代を先取る若手世代の妹と
久しぶりに会ったときのこと。

待ち合わせは都内のオシャレなカフェ、スターバックスコーヒー。
最近は日本離れしたカフェが多く存在しているが、私が20代前半に頃には
そのようなカフェは数店位だったように記憶している。

私がそのような話を持ちかけると、妹から意外な反応が返ってきた。
「マイクロ・ブリュー・コーヒーじゃないけどね」と。
様々なドリンクメニューを揃え、味も申し分ないのだが、
どうやら最近の若者は「マイクロ・ブリュー・コーヒー」に心動かされているようだ。

一杯ずつ丁寧にいれられた高級感のあるコーヒーのことを指すようだが、
私が幼少時代によく連れて行かれたコーヒー店は、店主がこだわりをもって、
一杯ずつ丁寧に入れていた記憶しかない。
もしやそれを「マイクロ・ブリュー・コーヒー」と言うのだろうか。

女性のファッションにしても、メイク方法にしても思うが、
時代は巡りまた来るものだなあ。

流行や客足に左右されず、何十年も変わらぬスタイルを貫き営業をしていくことは
想像すら困難なほど難しいことであるが、時代が巡りまた来ることもあるのだろう。
(もちろん、全部が全部ではないけれど)

「初志貫徹」私はこの言葉がすきだ。